足あと第7章 江戸時代のくらし

(数字は冊子でのページです)

◎百姓の苗字 139
*江戸時代、百姓にも苗字はあった

◎江戸時代の木簡 140
*帳簿に木製の見出しをつけた工夫

○園原末代鑑 141
*園原・本谷集落開発の生々しい記録

◎煙火の木筒 142
*「これ、何ですか?」と、H氏に聞かれた

◎火薬調剤免許の定め 143
*寺尾にあった火薬製造所の免許状

◎村送りの庄屋と名主 144
*「庄屋」と「名主」の違いは何?

◎江戸時代の藩札 145
*信濃全国通用の紙幣があった

◎駒場宿大火の見舞受納帳 146
*慶応2年、駒場の大火で60棟焼失

◎組頭格の御墨付 147
*駒場村領主より、組頭格の御墨付

◎笹の実 148
*笹の実(野麦)は、不作の前触れ

◎天から降ったおかげ年のお札 149
*慶応3年、夜間にお札が降ってきた

◎山里の向学医 150
*江戸後期、医学書を書写した人がいた

◎ひょうたんの修理 151
*唐紙の下張りから、古い文書が

◎幼児の襟守り 152
*産着などの襟に描かれたデザイン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする