足あと第8章 江戸時代のくらし

(数字は冊子でのページです)

◎ありし日の朝日松 155
*伊勢湾台風で倒れた、金鶏伝説の松

◎園原の駒繋ぎの桜 157
*その昔、義経が駒を繋いだとも言われる桜の古木

◎阿智の大栗 158
*全国第6位の太さと認定された、伍和の栗の木

◎”H”のケヤキ 159
*水神淵のダムに連理を持つケヤキがある

◎園原の女夫杉 160
*神坂神社拝殿の左右に、一対の杉があった

◎うつぎの花の咲く関跡 161
*西行法師が植えたという伝説の「さかさうつぎ」

◎網掛峠の蛇こぶ杉の切り株 162
*かつて、網掛峠に杉の大木があった

◎名木「あふちの木」が枯れた 163
*村の天然記念物だった、浄久寺の「あふちの木」

◎暮白の滝の呼び方 164
*「くれしろ」?「くらしろ」?「いわしろ」?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする