足あと第9章 書画の今昔

(数字は冊子でのページです)

◎駒場村最古の絵図面 167
*延宝4年(1676)と見られる最古の駒場の地図

◎古絵図でみる小野川関所付近 168
*天保8年(1837)と見られる関所周辺の地図

◎十返舎一九の園原の絵 169
*十返舎一九による園原の写生画

◎十返舎一九筆の神坂神社 170
*写生画中の住吉明神(神坂神社)

◎富岡百錬筆「園原碑」の原本 171
*原本は座光寺の方が所有されています

◎鐵斎筆の園原の歌 172
*明治36年(1903)来訪時の筆跡

◎庚申講の掛軸 173
*昔は60日ごとに庚申講があった

◎俳人宮崎兎柳の署名 174
*中関村の俳人の雅号は兎柳か亀柳か

◎兎柳の自画賛 175
*兎柳の自画像と俳句が残っている

◎磯丸のまじない歌 176
*糟屋磯丸のまじない歌が木戸脇に残る

◎原九右衛門翁の歌と筆跡 177
*阿智第2(伍和)小学校に残る「勉強」の掛け軸

◎村医師山田文郁の漢詩 178
*水戸浪士にも縁の医師による「園原賞月」

◎俳人樗平の月見の句 179
*幕末、月見堂の芭蕉句碑建立に先達となった俳人

◎水戸浪士亀山嘉治の歌 180
*駒場に泊まった水戸浪士の和歌が残っている

◎亀山嘉治の扇面の詠歌 181
*上と同じ宿で扇面に書き残した詠歌

◎水戸浪土大和田外記の述懐詞 182
*扇面に七言絶句が2文字ずつ書かれている

◎園原へ来た近松門左衛門の曽孫 183
*即興の俳句が2句。出来映えは??

◎昼神の百歳じいさん 184
*明治中期、真(まこと)連の句集の表紙を飾る絵

◎初めて描かれた阿智の油絵 185
*大正9年、山田精一氏による油絵

◎山田精一画 伊那節絵はがき 186
*32歳で逝去した山田精一氏による絵はがき

◎井原春岳さんの童画 187
*昭和8年、「コドモノクニ」に採用された童画

○連座会の「巻」 188
*阿智村では江戸後期から俳句が盛んだった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする